釣果情報│日の出丸

オフィシャルブログ

2022.2.27

ジギングメイン、少しタイラバで出船

前夜から明け方にかけて強風が吹いた影響で

壱岐水道はまだ波が高かったです。

先ず、波の影響を受けないところから開始。

ジギングはまずまず当たってきますが

タイラバはサッパリ。リリースサイズの根魚ばかり。

3回ほど流して北上。次もジギングは好調でした。

凪いできたとこでさらに北上。ここではタイラバに青物も掛かりました。

その中に、なかなか底を切れない重厚なファイトがありましたが、残念ながら針を伸ばされて終了。姿を見たかった。

当日の釣果一部です。(他の釣果は、カメラの電池切れで撮影できず)

KIMG0408ヒラマサ(ヒラゴ)、ブリ、アオナ、アコウ他が釣れました。

 

 

2022.2.19

タイラバ、SLJで出船。

午前中は凪でした。一応タイラバメインでポイント設定しました。

朝一からヒット、しかしバラシ。

今日は期待できるかもと思いましたが、そう簡単にはいかないもので

いろいろ工夫されますが、苦戦を強いられます。

午前遅くに下げに変わって期待したのですが、流れません!

昼頃から風が出て波が高くなってきたので大幅に移動して仕切り直し。

少し延長しましたが、釣果が伸びる状況ではなさそうなので終了としました。

全体的に厳しかったです。

釣果の一部です。

KIMG0401

KIMG0402

KIMG0403 (2)

 

マダイ、レンコダイ、アオナ、アコウ、ヒラマサ他が釣れました。

2022.2.11,12

11日

ジギング、タイラバ(エビラバ)で出船。

波高め、午前中はポツリポツリとジギングにアタリが。

しかし、タイラバではエビを付けてもダメでした。

潮変わりでポイント移動。

ジギングではアタリ好調でしたが、タイラバは相変わらず。

結局、釣果はジギングのみとなりました。

KIMG0396

ヤズ、ヒラゴ、サワラ、マダイをクーラー満杯です。

12日

ライトジギング、タイラバ(エビラバ)で出船。

予算の都合上近場での展開ですが、予報より波が高くやや釣り辛い状況でした。

朝一はジギングポイントに、魚探反応は良好ですが魚の反応は無し。

見切りをつけて転々と移動しますが、何処も同じ。

昨日同様潮変わりで活性化するかもと期待して、最初のポイントに戻って頑張って頂きましたが。。。

状況は変わらず、このままではヤバいと思い延長の提案をしますが、船の揺れで疲労が溜まった?結局やや早上がりとなりました。

今回、丸ボーズを食らってしまいました。1日違い、海域も少し違いますが

どうして結果が違うのか、水温の影響か?

考えさせられる日となりました。

 

 

2022.2.29

タイラバ、ライトジギングで壱岐東方面に展開しました。

北からの波は短ピッチで走り辛く、一気に沖出しは諦め。

壱岐水道にて朝マズメを迎え、ジギングでサクッとヒラゴをゲット。

今日はイケるかも!と、思ったのですが。。。

北上するにつれて、魚探反応とヒット率が反比例します。

厳しい状況のなか、マダイ、根魚をぽつぽつ拾っていくのですが

キープサイズが来ない。

結局、マダイはキープ出来ず、ヒラゴとアコウで締めくくり。

夕餉のおかずに十分すぎる量ではないかと思います。

2022.1.15

朝は凪でした。

久々に沖まで出られました。

ジギングメイン、少しタイラバ。

ポイント到着、魚探反応ヨシ!

立て続けにヤズが掛かりましたが、直ぐに沈黙。

もう少し沖へ出て仕切り直し、ブリサイズが掛かりますが、群れではないみたいで

たまに掛かる程度。

魚探反応が良かった朝のポイントで最後の勝負をかけましたが、潮が完全に変わっていて

追加も厳しかったです。

釣果の一部です。

KIMG0384

ブリ、ヤズ、マダイ、レンコ、アオナ、アコウ、ホウボウ他、皆さん食べる分は確保されました。

 

2022.1.8,9

8日はジギング

沖まで出られました。

水温は先週から安定しているみたいですが、魚の活性は低い。

朝マズメはポンポンと上がりましたがその後がサッパリ。

潮が下げに替わった納竿前にパタパタと追加して終了。

ヒラマサとヒラゴ、ヤズ、アオナ、アコウ、ヤガラ他が釣れましたが

ボウズの人も。厳しかったです。

9日はタイラバメイン

前日の最後のポイントに行きたかったのですが

メンバーに船釣り初挑戦がいるとのことで手前の風裏で展開しました。

朝一、ジギングでヒラマサが上がりましたが、タイラバは無反応。何とか釣果を求めて移動を繰り返しますが結果がでません。

午後になってやや活性化したのか、ぽつぽつ上がってきて、最後、納竿前にそれまでアタリが無かった初挑戦のヤングにアコウがヒット。ヨカッタ。

釣果の一部(大部分)です。

KIMG0383

ヒラマサ、ヒラゴ、アオナ、アコウ他ですが

分けて食べる分には少なかったですね。

2022.1.2,3

2022年の幕開けです。

2日は、風の影響を避けて壱岐の南東、岸寄りをじっくり攻めました。

ここ2週間ばかり、寒気が入り時化が続いて海水温が一気に低下した?

エビラバでも餌がそのまま上がってくるほどの低活性。

そんな中で、ジギングで結果を出していただきました。

食べ頃サイズのマダイ、ヒラゴが上がりました。

その他は、アコウ、ホウボウ他で全体的に皆さんが夕餉のおかず程度の釣果でした。

3日は、前日よりも波が取れて、岸から離れたポイントをランガンできました。

最初のポイントでヒラゴがヒット。その後に期待しましたが、魚の活性は変わらず

前日同様とても厳しい状況が続きました。

最後のポイントでなんとかお土産を追加して終了。

ヒラゴ、ヤズ、アコウ、アカハタ他が釣れましたが、前日同様皆さんの夕餉のおかず程度の釣果でした。

 

 

2021.12.5

 

潮の色がイマイチで朝マズメは不発。

すっかり明るくなった移動先で根魚のお土産を確保して、下げ潮に希望を託し沖に走りました。

が、潮がスカスカ。

移動を繰り返し、少しでも潮通しが良さそうなポイントを探しました。

しかし、最後まで状況変わらず苦戦の一日でした。

KIMG0369

 

KIMG0370

 

KIMG0371

小さめのマダイ数匹、アコウ、アオナ、ヒラマサ他が釣れました。

 

2021.11.27,28

27日は波が少し高く、呼子沖から開始するも釣果無く

タイミングを見計らい壱岐南岸まで延伸。

しかし、ここも同じ状況でとても苦戦を強いられました。

釣果としては、ヒラゴ、マダイ、アオナ、ヤガラ他が夕餉のおかず程度でした。

28日、天気予報の波は1.5後1m。実際は帰港まで1.5m以上。

向きは違うものの昨日と変わらず強風で、計画変更で又もや壱岐南岸。

風が当たらないエリアが限られるので、同じ場所をシツコク攻めました。

程好く流れますが、何故かカナトの猛攻。

そんななかで、ぽつぽつ根魚を拾っていきました。

KIMG0366

 

KIMG0367

KIMG0368

 

アコウ、マダイ、アオナ他ゲットされました。

2021.11.21

南寄りの風と波。

出航前、何処に行こうか迷いましたが、壱岐北岸へまっしぐら。

タイラバとテンヤとSLJです。

到着後、しばらくはカナトしか釣れません。

少し移動して仕切り直し。アオナがぽつぽつ釣れだしました。

潮替わりまで退屈しない程度にいろんな魚が当たってくれました。

下げ潮はしばらく反対方向に流れていましたが、本来の方向に流れ出したタイミングでマダイ狙い。

ですが、潮が軽くスカスカ。

今日はダメかな?と思っていたらロクマルはじめ食べ頃サイズまで数匹ゲットされました。

本日の釣果(魚種)は、マダイ、レンコ、アオナ、マトウ、イシダイ、ヤガラ他いろいろでした。