オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

2021.10.24

天気予報、波高1m。

実際はその倍位。

船釣り初挑戦3名を含むグループです。

リーダーから、「この3人にとにかく釣らせて!」と、託されました。

近場から北上し、壱岐エリアでそこそこお土産ゲット作戦で出航しましたが。。。

東風が強すぎ、昨日からの波が収まっていない。

近場はパスして、壱岐の風裏まで走りました。

本日、潮の動きがいつもと違い最後まで苦戦しましたが、3名のチャレンジャーには魚の引きを楽しんでもらったのではないかと思います。

KIMG0348

 

KIMG0349 (2)

 

小さめのマダイ、アオナその他が釣れました。

2021.10.09

 

タイラバ、SLJで壱岐まで。

午後から風が吹く予報のため、少々早めに出航。

朝マズメは小ダイがよく喰ってきました。

下げに替わる頃合いにポイント移動。

しかし、下げ潮の流れが緩く、苦戦気味となりました。

そのうち北寄りの風が強くなり、波も高くなってきたので定刻終了となりました。

今回も良型マダイの姿拝めず、残念でした。

KIMG0334

 

KIMG0335

 

マダイ、アコウ、アオナ、ヒラゴ、ネリゴその他が釣れました。

10月2日と3日

両日とも凪で、壱岐北エリアまで行けました。

先ず、2日。

壱岐水道で朝マズメにマダイを狙いますが、小ダイ数匹で終了。

移動して、根魚混じりのマダイ狙い。

一流し目からアオナがよくヒットしました。

場所を変えて良型マダイを求めましたが、今回は不発でした。

KIMG0329

 

KIMG0330

3日、全日とほぼ同じパターン。

壱岐水道では、サメ2本のみ。

移動してアオナのコースをじっくり攻めました。

KIMG0331

 

KIMG0332

 

KIMG0333

両日とも、マダイ、レンコ、アコウ、アオナ、ヒラゴ他まずまずの釣果でした。

お知らせ

お世話になっております。

お知らせを2件お伝えします。

先ず、コロナ対策として自粛していた遊漁を、9月13日以降再開させていただきます。

お客さまにおかれましては、体調チェック、マスクの着用、乗船時及びキャビン入室時における手指消毒の徹底をお願いいたします。

次に、水産庁他関係機関よりクロマグロ遊漁への規制措置が発出されました。

遊漁でのクロマグロの捕獲(採捕)は、令和4年5月31日まで大小を問わず禁止されました。

内容として、「くろまぐろを意図せず採捕した場合には、直ちに海中に放流しなければならない。」とあり、

水産庁のQ&Aによりますと

Q「死んだ場合でも海中に放流する必要があるのか?」に対し

A「釣れた時の状態に関わらず、直ちに海中に放流(還元)してください。」となっています。

これによって、釣り上げた後、死んだ場合でもキープは出来ませんのでよろしくお願いいたします。

重要なお知らせ

お世話になっております。

新型コロナウィルス感染対策で、福岡県におきまして再度、緊急事態の措置がとられます。

佐賀県でも爆発的な陽性の発生率となっております。

これらを受け、佐賀県内外を問わず、福岡県の措置期間の8月20日から9月12日まで自主休船とさせていただきます。

ご予約済みのお客さまには大変ご迷惑をおかけしますが、どうかご理解いただきたく存じます。

9月12以降につきましては、改めてご案内させていただきます。

2021.8.7

タイラバで壱岐まで。

午前中は無風、べた凪で潮も流れず。

それでも、ぽつぽつ捕獲されました。

しかし、人間の方がバテました。

 

KIMG0285

 

KIMG0286

7月31日、8月1日

土曜日、日曜日ともタイラバとジギングでした。

土曜日は壱岐水道スタート、徐々に北上作戦。

まず、壱岐水道でヒラゴゲット!

しかし、後が続かず。

北上するも、最近の悪いパターンに陥ってなかなか追加出来ず。

色々徘徊して、何とか夕餉のおかずを確保してもらいました。

KIMG0281

 

KIMG0282

 

 

日曜日は壱岐水道をトレース。

雷雨の通過を待って、やや遅いスタートでした。

最初のポイントはベイトも豊富、ナブラもあって期待しましたが不発。

その後は昨日のポイントを含め、期待出来る場所を回りましたが、土曜日以上の渋さでした。

KIMG0283

 

2021.7.22~24まとめて3日分

22日はタイラバ、LJで壱岐西岸へ展開。

風が強く、島から離れられない状況でした。

それでも、そこそこの釣果を得ました。

マダイ、ホウボウ、アコウ、タカバ他が釣れました。

22日分の釣果の一部です。ポリ袋に入ったままで綺麗に撮れませんでした。

KIMG0277

KIMG0278

KIMG0279

23日は午前イカメタル、午後はタイラバで呼子沖に展開。

連日の東風の影響で波があり、おまけに二枚潮がきつく悲惨な結果に。

ケンサキ、小ダイが上がりました。

24日はタイラバ、LJで再び壱岐西岸へ。

22日と同様の釣果が得られると思っていたら大苦戦でした。

24日の釣果の一部です。

マダイ、アコウ、アオナ、ヒラゴ他が釣れました。

KIMG0280

2021.7.17,18

17日は午前便、午後便ともイカがメインでした。

先ず、午前。潮が程好く動き、ぽつぽつながら快調に釣果を伸ばしました。

KIMG0275

 

KIMG0276

 

午後は一転してほとんど潮が停滞。

苦戦を強いられ、夕餉のおかず程度しか確保してもらえませんでした。

18日はイカからスタートして根魚、マダイのリレーでしたが

全体的に潮が流れませんでした。

先ずイカは不調、続いて根魚はアコウやアラカブが食べる分だけ

マダイは不発、イラばっかりでした。

2021.7.11

タイラバメインのライトジギングと、早朝はイカメタルの組み合わせで出撃。

終日、二枚潮に悩まされました。

イカは各自、お土産程度の捕獲数でした。

タイラバポイントとジギングポイントを転々とし、壱岐南岸まで北上しましたが

南西の風やや強し。波もあって釣り辛く、おまけに二枚潮。

シビアなコンディションで厳しい釣果となりました。

KIMG0271

KIMG0272

KIMG0273

 

ケンサキ、マダイ、アコウ、アオナ、ヤズ他が釣れました。