オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

2022.10.1,2

10月1日

タイラバで出船。

朝マズメは近場を攻めて、徐々に北上する作戦。

最初のポイントに到着、上げ潮ですが素直に流れています。

ぽつぽつながらマダイがヒットするので少々長居をしました。

結果的にはマダイはここが一番でした。

その後は根魚を求めて浅場に。型が小さいですがお土産を増やします。

最後にマダイを少し追加して終了しました。

マダイは61センチから46センチまでと塩焼きサイズ

アマダイ、アカハタ、アコウ、アラカブ、ボッコ他が釣れました。

10月2日

タイラバとSLJで、前日と同じ攻め方で出船。

最初はやや東寄りに開始、潮と船が同調して軽い仕掛けでもほぼ真下に沈んでいきます。

アコウが釣れますが、マダイの気配が感じられず昨日のポイントへ移動。

ここでマダイゲットするも喰いが落ちたので北上します。

最後はヒラメをゲットしたところでアクシデントのため終了しました。

マダイは51センチから40センチ台と塩焼きサイズ

アコウ、レンコ、ヒラメ他が釣れました。

2022.9.23,24

23日、久々の出航です。

タイラバメインで少しSLJ。

朝マズメは空振り。

大幅に移動して仕切り直すも、本日も潮が流れず苦戦。

ちょとちょこ移動を繰り返し少しずつ釣果を得ました。

マダイは55~47センチ4尾と塩焼きサイズ少々

アコウ、オニオコゼ、ハガツオ他が釣れました。

24日もタイラバメインでSLJその他。

風、波で壱岐水道横断を断念し、呼子沖に展開しました。

潮は昨日よりちょっとだけマシ。

昨日と同じくちょこちょこと移動して釣果を得ます。

マダイは62と53センチ、塩焼きサイズ数枚

根魚少しの釣果でした。

2022.9.11

2週間ぶりに出撃

連日の北東風でなかなか出漁出来ず、やっと本日出られました。

タイラバオンリーで風裏を攻めます。

程好い流れで期待するも、口を使いません。

何回も流し直して満潮を迎えました。

下げになると少しずつアタリ出し、お土産ゲット!

しかし今日は何かが違う。

恒例のフエフキ、イラの外道もサッパリ。

怒涛のラッシュを迎えることなく潮が緩み、ジ・エンドでした。

塩焼きサイズのマダイ、まあまあのアコウ、アオナ、オオモンハタ他が夕餉のおかず程度に釣れました。

2022.8.27,28

27日はライトジギングとタイラバ。

朝マヅメは青物狙いですがノーヒット。

移動して仕切りなおすもイマイチ。

深場に移動してマダイ狙いに切り替えました。

どういうことか一流しに1尾しか釣れないので、執拗に同じポイントを流して数を増やしました。

同じポイントでジギングにヒラマサがヒット!ようやく青物が上がりました。

帰りに潮がよく効くポイントを攻めましたがノーヒットに終わりました。

KIMG0544

マダイは71センチから51センチまで6尾、ヒラマサ6k、その他アコウ、ヤガラが釣れました。

28日は天気予報に騙されました。

やや強い風とピッチの短い波で壱岐水道横断を断念、呼子沖に展開。

風裏も結構タフなコンディションですが、ゲーム開始。

一流し目、全く反応無し。移動して根魚を狙うことに。小型のアオナが主体でたまにアラカブがアタッてきます。

そんな状況の中、本自最大のアコウが上がったので期待感を持ってポイント移動しましたが・・・

アタリは途絶え、波風ともに強くなってきたため撤収しました。

アオナ、アコウ、アラカブ、小ダイが少しだけ釣れました。

 

2022.8.11

SLJとタイラバ

壱岐の波は予報では1.5m、問題は風速。

壱岐水道を通過する時点では支障なかったものの

最初のポイント到着時は結構吹いていて釣り辛く

オフショアデビューにはかわいそうなのでパス。

北上して風裏のやや岸寄りで展開することに。

2流し目までは素直に流れて退屈しない程度のアタリがありますが、

その後は全く流れず、最後まで苦戦しました。

今回はSLJが良かったです。

1660218444283

1660218444739

1660218444875

 

アオナ、アコウ、アカハタ他が釣れました。

2022.8.4

ファミリー4人でタイラバ、SLJ。

午前便のチャーター、涼しいうちに開始したかったのですが遅刻されました。

到着後、まずはタイラバから。

直ぐに魚信あり、しかしタイラバタックルでは無理!強烈に走られてジ・エンド。

その後は良型アコウと美味しそうなマダイをゲット!

しかし時合はほんの少しだけ、朝マヅメが過ぎたら小型になりました。

ベイトの反応はひっきりなしに中層とボトムにくっきり、しかし喰わない。

SLJにチェンジしても結果は同じでした。

 

 

 

2022.7.23

イカメタルの釣果は朝も夜もほぼ変わらず。

午前中の潮は程好い流れ。

退屈しない程度にぽつぽつと釣れます。

たまにパラソル級に近いやつも混じりました。

夕方から半夜釣りで同じ流し方。

潮はとても緩くやや苦戦、そして個体も全体的に小ぶりでした。

辛抱して釣ってもらいましたが、夜焚きとは思えない釣果で終了しました。

朝も夜もケンサキが20杯程度しか釣れませんでした。

 

 

2022.7.9

イカメタルとSLJ,タイラバ

早朝からイカメタル。

型はイマイチですが、近場で上がるようになりました。

ある程度釣ってSLJで根魚他を狙うため北上。

2か所程回って投入するも、ヒットせず。

タイラバも試してようやくロクマルマダイをゲット。

昼前から西寄りの風が強くなり、ここで粘るか更に北上して風裏に入るか

思案しましたが、潮を考慮すると場所を変えても釣果に差は出ないと判断。

タイラバでやや深めを攻めましたが、コンタクトなし。

魚も水温上昇でバテ気味か?

帰りにイカを数杯追加して終了しました。

釣果です。

KIMG0496

KIMG0497

 

ケンサキ、マダイ、アコウ他が釣れました。

2022.7.2,3

7月2日

ジギングとタイラバ。

潮がふらふら、下げ潮は反対方向に流れました。

朝一、ジギングで良型ヒラマサをゲット。ちょうど1mありました。

ジギングはその後ブリを追加。

タイラバはオオモンハタ、イトヨリ他、最後にナナマルマダイ(73センチ)でした。

KIMG0484

KIMG0485

 

 

3日はタイラバ。

タイラバでアコウをリクエスト、根魚ポイントを回りました。

前日と比べ潮の流れはやや良好か。

アコウ、アカハタ、レンコ他、最後にロクマルマダイ(67センチ)で終了。

 

KIMG0488

KIMG0489

2022.6.18,19

両日とも潮が流れず大苦戦。

18日、午前中のオキアミコマセ釣り。

釣れるものは何でも作戦でした。

それでファーストヒットはサメ。

それ以上に竿が曲がったセカンドヒットはハリス切れ。

ポイントを替えて根魚でもと浅場を回りましたが

アラカブとアコウが少しだけ食ってきました。

19日、SLJでイサキ希望。

到着後直ぐにゲット!今日はイケるかも・・・

後が続きません。

4か所程巡ってようやく追加。

午後過ぎ風で流れ出し、下げ潮に期待を込めましたが

追加及ばずタイムアウト。

イサキの他はアコウ他根魚少しだけの釣果でした。