釣果情報│日の出丸

オフィシャルブログ

2022.5.14,15

両日ともタイラバ。

両日とも波高し。

したがって、島影を流しました。

14日、根魚多し。マダイは塩焼きサイズ。

食べる分は十分確保したとのことで、早上がりでした。

KIMG0468

マダイ、アオナ、アコウ他でした。

15日

午前半日の釣行。

乗船のお客様がこの日誕生日。

自ら釣ったマダイで誕生日を祝う作戦。

開始早々50マダイゲット!ミッションクリア。

余裕をかましたら後が続きません。

時間が迫って根魚少し追加して終了しました。

KIMG0469

 

 

2022.5.7

タイラバとライトジギングで壱岐北エリア

根魚ポイントから開始。

上げ潮と風が反対で、一流し目はアッという間にポイントから遠ざかりました。

二流し目からは落ち着いて、アタリも活発に。

満潮前までと、下げ2分からテンポよく釣れました。

KIMG0465

 

KIMG0466

 

KIMG0467

 

マダイ、アオナ、アコウ、レンコ、アマダイ、ヒラゴ他多魚種が釣れました。

2022.5.5

タイラバメイン、少しSLJで壱岐北エリア。

到着後、アオナのプチラッシュ。一息ついて少し移動してマダイ狙い。

午前中の遅い時刻の潮替わりまで小さめのマダイやレンコはぽつぽつ揚がります。

下げになって良型を期待したのですが、好転しません。

そんな中、SLJに大きなアタリ!

40分以上のファイトの結果、日の出丸記録の丸々としたブリがタモに収まりました。

(帰港後検量12キロ)

少し延長しましたが、状況変わらず終了しました。

本日の釣果です。

KIMG0461

 

KIMG0462

 

KIMG0463

2022.5.1,3,4

5月1日

壱岐北エリアで開始、潮替わりまで釣果振るわず。

下げ潮でぽつぽつ掛かり出しました。

流れが緩いので、イカメタル投入!

ケンサキ数杯ゲット。

そのうち波が大きくなってきたので南へ転戦。

ここでは流れ方向がいつもと反対。

あまり期待できないけど頑張ってもらい

プチ延長して根魚を追加して終了。

釣果の一部です。

1651496872348

 

魚はマダイ、レンコ、アオナ、アコウ他

イカはケンサキ

5月3日

壱岐北エリから東部へ

昔よく攻めたポイントから開始。

なかなか喰ってきません。

少しずつ移動して、本日最大となるナナマルゲット!(77センチ)

後に期待したのですが、結局マダイはこれで終わり。

潮の流れも緩いため、イカメタル。

前回より数も型も良かったです。

釣果はこの他に、ヤズ、ボッコ、イサキ、ヒラメ、レンコが釣れました。

5月4日

タイラバを午前中のみ。

満潮過ぎまで程好く流れて、いかにも釣れそうな雰囲気ですが

活性低し。

辛抱して小ダイ、根魚を数尾ゲットでした。

2022.4.23

タイラバで出船。

オフショアデビュー3名プラス引率。

凪ですが小潮です。流れません。

下げ潮に期待を込めて、午前中は辛抱巻き巻き。

今日はクラゲ多し。ひどいときは投入毎に回収、ラインの掃除が必要。

そんな状況でヒットしたマダイはヨンマルクラス。しかし、クラゲが原因でロッドのティップを破損。最後はラインを手繰ってランディング。

喜び半減でしたね。

他のメンバーもぽつりぽつりと釣果を重ねます。

そして、クライマックスが訪れました。

何と、破損したロッドを操る本日の竿頭に強烈なアタリが。

慎重なやり取りで浮いてきたマダイは今季初のハチマル、83センチ!

納得のサイズが出たところで終了。

本日の釣果は、マダイ、アオナ、レンコ、イトヨリ、マトウ他グループで食べる分は十分確保されました。

2022.4.17

タイラバ、LJで出船。

根魚ポイントから開始、潮止りまで根魚少しゲット。

下げに変わり、ちょっと沖のマダイポイントへ。

潮は緩く、底潮も効いていません。

2回ほど流して、ジギングでヒラゴとマダイ。

タイラバにはケンサキイカとスルメイカ、マダイは何処。

残り時間を考慮してポイントを離脱し、ジギングポイントでお土産ゲット作戦に変更。

ここで、本日最大のナナマルサイズがタイラバで上がってきましたが、頭と腹部にキズが。

サメにかじられたようです。

ここでは小さめのマダイとヒラゴ他を追加して定刻終了としました。

今日は潮が緩かったです。

釣果の一部

KIMG0454

 

KIMG0455

 

アコウ、アオナ、マダイ、ヒラゴ、ケンサキとスルメ他が釣れました。

2022.4.9,10

9日、10日とタイラバメインの釣行でした。

9日、終日南西の風でちょっと強めのため、風裏となるポイントで開始。

ぽつぽつアオナがヒットしますが、マダイがなかなかきません。

一発大物を狙い沖へ出ますが、やはり波が高くアタリもないので直ぐにUターン。

元の場所近くを終わりまで流しました。

釣果の一部

KIMG0444

KIMG0445

KIMG0446

マダイは50クラスが2枚、あとアオナ、、アコウ、レンコ他が釣れました。

10日、昨日より穏やかなため、沖へ走りました。

魚探の反応はグッドですが、昨日と比べたらとても渋い。

数か所回って結果が伴わないのでマダイは諦めて、岸近くで根魚を狙うのですが

時々思い出したようにしか釣れません。

最後まで状況変わらず定刻終了、長潮の攻略は難しいです。

釣果の一部

KIMG0447

 

アオナ、アコウ、ボッコが多かったです。

2022.4.2,3

両日ともタイラバメイン。

2日、風の影響を考慮して壱岐西エリアに展開。

先ず手前で練習してメインのエリアへ。

潮の流れはとても緩かったですが、今回は根魚がよく掛かりました。

マダイは、ナナマルクラスが2枚、後は小ぶりでした。

釣果の一部です。

KIMG0437

KIMG0438

 

マダイ、アオナ、アコウ、レンコ、ヤズ他が釣れました。

3日は午前のみ

壱岐水道は波と風で少々釣り辛いため壱岐南岸を攻めました。

上げ潮が程好く流れますが反応はサッパリ、根魚も喰ってきません。

ポイントを替えても状況は変わらず、潮替わりに期待しましたが時間切れ。

釣果はアコウ他根魚少々で、非常に厳しい釣行となりました。

 

2022.3.20,21

20日はタイラバとライトジギング

前夜の波が残っていて、手前から開始して北上する作戦。

朝一、パタパタとおかずゲットして、波が落ち着くのを待って

北上しましたが、ウネリが「釣りにくい」ので元の場所へ戻りました。

その後はぽつぽつ追加して定刻終了となりました。

釣果の一部 です。

KIMG0420

KIMG0421

KIMG0422

マダイ、ヒラゴ、アコウ他が釣れました。

続いて21日

タイラバメインで3組、うち1名様タイラバデビューです。

手前で練習してもらい北上計画が、次第に風が強くなり

デビューの方が若干船酔い気味で北上を断念。

同じエリアで終わりまで粘ることに。

タイラバデビューの方はヒラゴ、ヤズの青物をよく掛けていました。

他のメンバーはマダイはヒットするも、全体的に小ぶりでした。

たらればかもしれませんが、一気に北上しなかったのを悔やんだ日でした。

釣果の一部です

KIMG0423

KIMG0424

 

 

マダイ小さめ、ヒラゴ、ヤズ、アコウ他が釣れました。

2022.3.12,13

12日、13日は両日ともタイラバメインで出船。

まず、12日。5名のうち4名がオフショアデビューです。

朝マズメ近場で練習した後、沖へ走りました。

根魚ポイントから開始。アオナに混じってヤズがよく掛かります。

6k程度の奴を30分以上かけてゲット。十分な練習となった事でしょう。

他のメンバーもヤズやマダイその他と遊んでいただき、食べるのに十分な量を確保して定刻終了。

KIMG0418

マダイ、アコウ、アオナ、ヤズ他が釣れました。

続いて13日。2家族4名さま。

近場のリクエストで、壱岐水道を流しました。

やはりオフショアデビューがいらっしゃいます。

昨日と同じポイントで練習、ヒラゴゲット。

ここで1名離脱、引き返しも考慮のうえ、もう少し北上することに。

根魚ポイントでマダイ1、バラシ1

マダイポイントは全く喰わず、移動を繰り返しますが結果が出ません。

最後に南下して風裏を流し、雨が降る前に定刻終了。

エリアが違うのもありますが、13日は全体的に魚影が少なかったです。

KIMG0419

 

マダイ、アコウ、ヒラゴ他が釣れました。

明暗が分かれた2日間となりました。